鳥取県鳥取市美萩野の内科・消化器科よろずクリニック(最新のがん治療や美容・アンチエイジングまで対応)

お問い合わせフォーム お気軽にお問い合わせください0857-59-0433

がん性腹膜炎、腹水の治療法

よろずクリニック|地域の皆様に安心の医療を提供し、病気の早期発見を目指します。

癌性腹膜炎(癌性腹水)や頭頸部癌への治療

癌性腹膜炎(癌性腹水)や頭頸部癌への治療

当院では難治性の癌性腹水に対する治療戦略としてCART+遺伝子治療薬腹腔内投与という方法を推奨しています。 まずCARTとは、Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy: 腹水濾過濃縮再静注法の略で、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水(又は胸水)を濾過濃縮(ろかのうしゅく)して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収する治療法です。 効率よくアルブミンを再投与するため腹水の再貯留を遅らせる効果も期待できます。(血中アルブミンが低下すると浮腫や腹水の増悪につながります。)

遺伝子治療薬腹腔内投与とは

RT181など遺伝子治療薬を用いてがんに特異的に過剰発現しがんの性質を維持しているCDC6タンパクを当治療薬で消去することによりがんの成長を停止させてがん細胞のアポトーシス(自殺)・老化を誘導させる治療法です。
簡単に申しますと、がん抑制遺伝子が壊れて増殖しているがん細胞の抑制遺伝子を活性化して癌自身を縮小、退縮させることにより、腹水の再貯留を食い止める治療法です。
この遺伝子治療は局所療法が向いており、頭頸部の癌に直接注射したり、胃、食道、大腸などの内視鏡にて局注可能な癌にも有効です。 当院では癌性腹膜炎の腹水へCART後に投与することにより腹水穿刺だけでは1週間に3~4L貯留していた腹水を一回目で2週間で1Lまで消失させ、二回目で貯留なしまで改善できている方もおられます。



詳しくはクリニックまでご相談ください。


ページの先頭に戻る