鳥取県鳥取市美萩野の内科・消化器科よろずクリニック(がん治療や美容対応)

お問い合わせフォーム お気軽にお問い合わせください0857-59-0433

高濃度ビタミンC療法

よろずクリニック|地域の皆様に安心の医療を提供し、病気の早期発見を目指します。

高濃度ビタミンC療法について

ビタミンCの血中濃度が高まるほどガンが死滅しやすくなる

ビタミンCの血中濃度が高まるほどガンが死滅しやすくなる

 ヒトの膵臓ガン(Mia PaCa-2)、悪性黒色種( SK-MEL-28)、大腸ガン(SW-620)、骨肉腫(U-2-OS)の培養細胞はビタミンC濃度が400 mg/dLに達すると死んでしまいます。ビタミンCが高濃度になるとガン細胞の周囲で鉄などの微量な金属とフェントン反応を起こして過酸化水素を生成します。正常細胞はカタラーゼという酵素が過酸化水素を中和するので影響をまったく受ません。一方、ガン細胞の多くはこのカタラーゼが欠乏しているために過酸化水素を中和できずにダメージを受けて破壊されてしまいます。すなわち、ビタミンCは高濃度になると栄養素ではなく抗ガン剤として働くのです。
 一方、ビタミンCはミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激(インターフェロンの産生、マクロファージの食作用の亢進、NK細胞数の増加と遊走能の亢進)、P53遺伝子を安定化、P53遺伝子の障害を抑制し、化学療法あるいは高濃度IVCによるpro-oxidant効果によって引き起こされる突然変異を予防します。
 すなわち、ビタミンCはガンの化学療法剤でありながら免疫力を高めるという、これまでにない理想の化学療法剤であるわけです。

ビタミンCがガンを殺すしくみ

ビタミンCがガンを殺すしくみ

ビタミンC 当院では高濃度ビタミンC点滴療法の世界的中心地であり、すでにこの治療に関して30年程の実績のあるアメリカ・カンザス州の「人間機能改善センター」と同じ点滴方法(リオルダン・プロトコル2009に基づく)、同じビタミンC製剤を使って治療を行っておりますので、高濃度ビタミンC点滴療法を受けることができます。写真は、アイルランドで製造されたマイラン社のビタミンC25g製剤で、国内産のビタミンC製剤と違い、防腐剤はいっさい入っていません。


この治療法が適している方

 高濃度ビタンC点滴療法が適応となるのは (1)標準的ガン治療が無効の場合、(2)標準的ガン治療の効果をより確実にする、(3)標準的ガン治療の副作用を少なくする、(4)良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる、(5)代替治療としを希望する場合などです。有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
 この治療が有効なガンの種類についてはまだ研究段階です。

自由診療専用スペース

ページの先頭に戻る