鳥取県鳥取市美萩野の内科・消化器科よろずクリニック(最新のがん治療や美容・アンチエイジングまで対応)

お問い合わせフォーム お気軽にお問い合わせください0857-59-0433

最新のガン治療プロジェクト

よろずクリニック|地域の皆様に安心の医療を提供し、病気の早期発見を目指します。

既存の枠から外れることで最新で最強のがん治療が可能となる!!

~自由診療に対する院長のこだわりとは~

 我が国では自由診療と保険診療の同時組み合わせは混合診療となり現在認められておりません。もちろん混合診療を認めるように願う動きは活発ですが今のところ実現へは今一歩といった様子です。 そして混合診療を希望される方々の多くはガン治療を受けられている患者様やそのご家族様です。 こういった統計結果があります。

   がん治療を保険診療(抗がん剤、放射線治療など)で受けられている
   患者様の80%以上がなんらかの代替治療や補助治療を希望されている。


 そこでそのニーズを満たすべくさまざまなサプリ、治療などが存在します。それらはいずれも高額ですが家族の想いは値段など関係なく購入や治療に踏み切ります。

 小生は今まで消化器内科の勤務医としていろいろなガン患者様の治療に携わり、時に看取ってまいりました。我々医師が総合病院でできる治療は基本的に保険診療のみですのでガンに対しては手術で切除するか抗がん剤や放射線で叩くといった治療がメインとなります。ただ進行によってまたガンの種類によってはそれらの治療が全く無効であったり副作用が強く著しくQOL(生活の質)を低下させるため治療継続不能となることが少なからずあります。

 そんな時、多くの患者様やご家族様は次の治療を希望されますが、現在の保険診療内ではこれといった良い治療が見つけられず実質(打つ手なし)となり主治医としても非常に悔しい想いをしてきました。中にはさまざまなサプリや水、○○療法をされる方もおられますがそれらは高額な割にしっかりとした裏付けもなく、藁にもすがりたいガン患者を餌にしたもうけ主義の実態が見受けられることが多々ありました。

 そういった経験から保険診療外の治療などは治療ではないとすら感じていたのは否めません。

 それから開業をし、比較的自由に自分で患者様に提供する医療を選択できるようになりました。そんな時今まで保険診療で認められていたビタミン注射が栄養補給は治療ではないと認められなくなりました。当院でも一時取扱いをやめていたのですが患者様からの希望も多く自由診療内でビタミン注射を行うことにしました。それからニーズのあるプラセンタも導入したところさまざまな訴えのあった更年期の患者様が心身ともに絶好調となるのを間に辺りにし、今までの投薬治療はいったい何だったんだと思うこともありました。

 次第に患者様のニーズを満たすうえで自由診療は必要なんだという思考に変わりました。そんな時、一人の患者様と家族様との出会いからガン免疫療法や高濃度ビタミンC療法、丸山ワクチンなどの治療を希望され、保険診療を行っていた臨床医の目線で調べていくことにしました。

 結果、まだはっきりとした臨床上の効果はわからないものもありますが率直な感想を以下に述べます。

 高濃度ビタミンC療法は確実に抗がん剤の副作用を軽減することがわかり場合によっては抗腫瘍作用も期待できる。強力な抗酸化作用でアンチエイジングやがんの予防にもよいので当院でも採用する。方法はアメリカでもっとも多く施行されているリオルダンプロトコルにのっとり各国の臨床試験に採用されたビタミンC製剤同様のマイラン社製の製剤を使用する。

 免疫療法は単独の細胞を培養して投与しても効果は少ないが免疫にかかわる多くの細胞を同時に培養して投与すれば効果も高まる。さらに最も有用なガン抗原であるWT1ペプチドを用いた免疫療法はHLAに関係なく多くのガンで60%以上の有効率(完全、部分寛解+長期不変)を示している。リサーチの結果、国内で初の特許を獲得したせんしんクリニック倉持先生による5種複合免疫療法、新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法を取り入れることにした。

倉持式

 そして極めつけはP53遺伝子を用いたガン治療。これは細胞がガン化しないように監視しているもっとも重要な遺伝子の一つP53遺伝子の不良が多くのガンの発症に関与していることが発見され、それをがん治療に応用する最先端の治療。死活化したアデノウイルスに人の野生型P53遺伝子を組み込んだアデノウイルスベクターを血中、または腫瘍内に直接投与する。それによりP53異常のガン化した細胞内で正常なP53遺伝子が発現しガン細胞は修復、またはアポトーシス(細胞死)を起こす。また抗がん剤や放射線治療の感受性を上げ副作用も軽減することがわかっておりその臨床試験は現在も世界中の大学病院などで行われている。末期がんから回復するという、時に今までの医療常識を覆すような改善を見せる症例もみられる。当院では世界で唯一のP53遺伝子治療薬であるゲンディシンを用いて直接胃がん、大腸がんなどに腫瘍内投与や全身に転移したガン患者様に血管内投与を行う。

 これらの治療は自由診療でしか行えないが効果は多くの臨床試験で実証されている本物の治療である。

 まだ保険診療では行えないが同等またはそれ以上に効果のある治療は存在し、それを取捨選択することが我々医師の役目なのではないのだろうか。

 患者様にとってベストな治療をマネージメントできるのは今まで臨床でガン治療に携わってきた医師にしかできない。

 実態のない金儲け主義のガン治療に無駄な時間や投資をしないようアドバイスをし、適切な治療を提供できることを目指して当院ではガンの自由診療を行うこととしました。

 このように最新で効果の期待できる薬、治療がいくつかあります。新薬や治療法の保険適応には10年の期間、100憶の資金が必要だとも言われています。それをいつか誰かがやってくれて、いつか保険診療で使えるようになるのを待つより、今、治療が必要な患者様に自由診療枠でもすぐに提供したい。そしてそれが可能であるということ。

 費用はそれなりにかかります。当院で試算しましたが、標準的な1クール、3か月くらいの治療で軽自動車一台分くらいの費用がかかります。それだけの費用をいただいてもその経費は人件費等別で2/3以上かかっています。

 それでもこの中国四国地方でガン患者様のニーズを満たせる最新で最高の医療を提供したい。関東関西などの都会ならできるのにここではできない治療などあってなるものか。これは小生のそういった一種の意地でもあります。

 かつて勤務医の時、一番つらかったのは、患者様にもう治療が無いという時でした。緩和ケアは大切です。でもわずかでも希望を残してあげたい。そこに保険診療では何もなかった。

 先に挙げた3種類の治療はいずれも高齢であるとか全身状態が悪くても行うことができ、そして副作用もほとんど確認されていません。行うことで食事がとれるようになったり、みるみる元気になることもあります。そして中には著効(すごく効くこと)して末期の患者様からガンが消えてしまうこともあります。ご家族様にもご本人様にも最後まで希望を捨ててほしくないのです。

   免疫療法の倉持先生より
   「希望はあなたを捨てません。あなたが希望を捨てるのです」

 わがクリニックではここに来てよかったと皆さんに喜んでいただけるよう、厳選した治療を提供してまいります。
お困りの際は一度ご相談にお越しください。


よろずクリニック 院長  萬 憲彰

ページの先頭に戻る