統合腫瘍治療と標準治療との組み合わせが著効した 肺がん肝転移多発骨転移の症例

統合腫瘍治療と標準治療との組み合わせが著効した
肺がん肝転移多発骨転移の症例

【症例】

69才女性 2018年12月股関節痛を精査中、左肺門部に多結節状腫瘤(約4cm)縦郭リンパ節多発腫大、肝転移、脊椎、左肩甲骨、両側腸骨など全身多発転移を指摘。
2019/05当院受診。総合病院よりタグリッソ内服。
水素吸入療法とシイタケ菌糸体内服、患部へマイクロ波温熱療法を開始。

マイクロ波温熱療法
水素吸入療法
肺がんステージⅣ 全身転移
腫瘍マーカー

縦郭リンパ節腫大消失 肺門部腫瘍成分消失

当初の痛みは消失し股関節転移巣消失。  肺門部の集積も消失している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「水素の臨床応用について」 詳しくはこちらへ…
  2. 「医師である私ががんになったら」 詳しくはこちらへ…
  3. 特別寄稿「はざまの医療について」 詳しくはこちらへ…
PAGE TOP